スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『2010春・桜前線を追いかけろ!』な旅(その6)

 「(その6)太宰を訪ねる!芦野公園&斜陽館訪問」

 (その4)より続きます


 乗った列車は途中寝台特急『日本海』と交換して弘前に着きます

 弘前でコインロッカーに荷物を預けた後


 快速『リゾートしらかみ2号』で、まずは五所川原に向かいます

 五所川原での乗り換え時間があまりないので津軽鉄道に乗り換えるのですが
、階段上には津軽鉄道のアテンダントが案内をしていました

 ・・・
 ・・・・・
 ・・・・・・・

 急いでたから写真に撮ることをすっかり忘れた(爆死)

 それはさておき、ホームに着くと

100510_0933~01
 ここが津軽鉄道起点、津軽五所川原駅です


 そして乗る列車は「走れメロス号」・・・って全部の気動車がそうでないかい?

 あと、前来たときには撮れなかった


 アテンダントのぼりを撮影します(笑)

 えっと、この人が○○○さんで、この人が□□□□□さんで、この人が------さん
・・・あとはどれが誰なのやら(ぉぃ

100510_0934~01
 さて、車内には文庫が置かれていますって太宰関係ないじゃん(--;

100510_0935~01
 とはいえ座席としてはいたって普通でしょうか、少しして乗り換え客やらアテン
ダントも乗車し、さっそく観光客に観光の案内とかしていました


 そして列車は単線の線路をまったりと進んでいきます




 嘉瀬駅では前回も撮影した落書き列車が健在でした、ただ今後朽ち果てていきそう
なのが気がかりですが


 金木でかなりの客が下車し、ほとんど地元の方と思われる乗客を乗せた列車は、
桜トンネルをくぐります



100510_1041~01
 桜トンネルの中にある芦野公園駅で私は下車することにします

 #津軽中里は前回訪問済みなので今回は行きません
100510_1045~01
 こじんまりとした無人駅の駅舎を出ると線路の向こう側には芦野公園があり
ます、駅を出て左手にある店の数々を抜けて芦野公園へ




 芦野公園内にある太宰治をかたどった石碑、近くには太宰文学碑や津軽三味
線発祥の地の石碑などもありますが撮り忘れました(汗)


 石碑のすぐ横にはつり橋があるのでとりあえず渡ります、揺れるのでジャン
プとかは禁止です(明記してあります)

 吊り橋を渡ると今度は左手に




 芦野夢の浮き橋があります、浮き橋に見えるとおり、海面ぎりぎりに橋が
設置されているので荒天時とかは渡れなくなりそうですが(^^;

 またここの湖は芦野湖といいますが、実際には人工湖で水田や貯水利用の
ためのため池という感じのようです

 さて、ぶらぶら歩いていると県立自然公園芦野児童動物園もあるので、ち
ょっとのぞきます、ここには猿や熊、鹿やウサギなど種類は多くないのです
が数々の動物が羽を休めています、ここから見ると熊も可愛いんだけどねぇ
実際には・・・(--;

 一回り見て芦野公園駅に戻ります、とりあえずおでんを買って食べていると


 先日まで行われていたさくらまつりのポスターがありました、ちなみに去年
verも近くにありましたが何のために?(^^;


 駅に戻り、駅横(旧駅舎内)にある喫茶店『駅舎』を撮影、喫茶店として
運営されていますが、一応乗車券も買えるようです

 しばらくしてやってきた五所川原行きの列車に乗り1駅




 津軽鉄道では少ない交換駅である

100510_1149~01


 金木駅にやってきました

 で、金木駅にやってきたら目的はここですね


 太宰治氏の生家であった『斜陽館』です、しかし豪華な建物ですなぁ、今見ても
すごい建物に見えるので当時はとてつもない豪邸に見えたでしょうね


 写真撮影は一部禁止ですが撮影したのはこれだけ、なんというか豪邸に圧倒され
て全然写真が撮れなかったというか・・・資料室には太宰氏の本の翻訳版や生前の道具
の数々、年表など、歴史をしのばせる物品も数多くありました

 次回津軽を訪問する際は小説『津軽』を読みながら訪れたいものです

 #形から入るんかよw


 また金木には斜陽館だけでなく『津軽三味線会館』や




 斜陽館別館といえる津島家新座敷もありますが、そこまで回る時間が
なくて今回は割愛です

 さて駅に戻り、五所川原駅行きの列車を待っていると


 かすんではいますが岩木山をバックに津軽中里行きの列車がやってきました


 そして五所川原行きの列車もやってきますが、タブレット交換が済むまで列
車は発車しない仕組みになっています、しかしタブレット交換の場面を撮りミ
スったので自身へこみましたが(汗)


 タブレット交換も済み、金木を出ると腕木式信号機が見えます

 後ろの車両には団体が乗り込んでいて、五所川原駅に戻るまで弁当を食べた
り、アテンダントの観光案内などがあったようです

 そして列車は五所川原駅に戻ります

 (続く)
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ふみぃ@M-A-T

  • Author:ふみぃ@M-A-T




  • ↑多分全国唯一の萌え駅名標(笑)

     残業が多い仕事をこなす
    合間にネタ探しに精を出す
    三十路突入のおっさんです
    (汗)

     とりあえず北名古屋は
    キタ━━━(゚∀゚)━━━!!
    名古屋ではありませんの
    で(笑・まだ言うか)

     あと、青春18きっぷの
    シーズンになると「気が
    すぐれない」「ついカッ
    となった」などさまざま
    な理由で旅に出る旅人で
    もありますが、それ以外
    のシーズンは基本的に引
    きこもりだったり(ぉぃ

    ここ最近はデレステに
    はまったせいかデレマス
    のイベントとかに顔を出
    すこともありますので見
    かけましたらよろしくで


    ・このサイトに関しては
    日記のトップ記事に

    自己紹介はそのうちにま
    た書きます(汗)

    ↓拍手設置してみました
    、意見や ツッコミなど
    があればご利用ください
    ませませ






    (応援バナー)

    『銀色、遥か』応援中!

    『銀色、遥か』応援中!

    オトメ*ドメイン

    フローラル・フローラブ応援中!

    フローラル・フローラブ応援中!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
お世話になってます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。